-
[トップページ] [1級検定試験] [2級検定試験] [3級検定試験] [4級検定試験]

1級 ラジオ・音響技能検定
【試験の程度・内容】
【程度】電気理論、電子工学、無線、通信理論、音響理論をよく理解し、各種受信機や各種音響機器の動作原理、設計、製作、調整、修理法をよく体得している。

【内容(○:知識、◎:実技)】
○電気磁気、交流理論を熟知している。
○トランジスタ、集積回路について、最新の知識もある。
○電子回路理論を、よく知っている。
○無線、通信理論をよく知っている。
○音響理論をよく知っている。
○高忠実度音響機器の動作原理に詳しく、設計製作の知識もある。
○電波障害防止について知識がある。
○電波法規や安全技術について知識がある。

◎各種受信機の構造、動作理論、設計法、製作法をよく知っている。
◎各種受信機の調整や特性試験、修理法についての詳しい知識がある。
◎各種音響機器の作動試験を理解し、設計、製作もできる。
◎各種音響機器の調整、特性試験法、修理法に熟知している。
◎リスニングルームについての知識がある。
【合格証明書】
必要に応じ合格証明書を発行します(手数料500円)。
500円分の切手に合否通知書を添えてお申し込みください。合否通知書を紛失された場合は、
合格証明書交付申請書」をダウンロードしてご利用ください。