-
[トップページ] [1級検定試験] [2級検定試験] [3級検定試験] [4級検定試験]

4級
ラジオ・音響技能検定  
[知識問題例はこちら]
[実技問題例はこちら]

【試験の程度・内容】
【程度】初歩的な電気の知識を持ち、初歩のラジオ受信機(中波のスーパー受信機程度)の動作原理がわかり、組立や調整ができる。また、簡単な音響機器の動作原理を知っている。

【内容(○:知識、◎:実技)】
○直流、交流、電流、電圧、電力などについての基礎的理解力がある。
○抵抗、コンデンサ、コイル、トランス、ピックアップなど、必要な部品についての知識を持っている。
○ダイオード、トランジスタの基礎知識およびその簡単な回路の動作原理を知っている。
○中波のスーパー受信機について簡単な知識がある。
○音についての簡単な知識がある。

◎部品とそれに対する記号についての基礎知識がある。
◎簡単な配線図の見方がわかる。
◎部品の選定法がわかり、正しい使い方を知っている。
◎テスタを使っての各部の電圧、導通などが測れる。
◎受信機の組立方について基礎知識があり、ストレート受信機の組立や調整をすることができる。
◎はんだ付けについての基礎知識を持っており、はんだ付けをすることができる。
【合格証明書】
必要に応じ合格証明書を発行します(手数料500円)。
500円分の切手に合否通知書を添えてお申し込みください。合否通知書を紛失された場合は、
合格証明書交付申請書」をダウンロードしてご利用ください。